« <公演までの道のり>VOL.2 | メイン | <公演までの道のり>VOL.4 »

<公演までの道のり>VOL.3

~続き~

こんにちは。
今日は昨日ちょこっと触れた<コミュニケーション>についての追記です。

表現者としてとても重要なのは、相手(出演者)の気持ちを理解すること&そしていつも言ってるように自然に表現することです。
いくら個々のレベルが高くても、相手の気持ちがわからなければ、いい演技はできません&自然な演技はできません。
きっと何か不自然な、作られた演技をしてしまうことになります。
<コミュニケーション>大切にしましょう。

同じく昨日の日記にも書きましたが、一昨日、初舞台の「親睦会」を行いました。
レッスンの中だけでなく、気持ちが緩んだ中での<コミュニケーション>。
いくらいいレッスンをしても、個々のレベルがどんどんあがっても、やっぱり、相手の気持ちがわからなければ、いい舞台はできません。
まとまりのない、個性だけが目立った舞台になってしまうことでしょう。
これから出演者の皆さんは、「親睦会」をきっかけに、よりよい舞台になるよう、ラストスパートです。

<コミュニケーション>が苦手な方ももちろんたくさんいらっしゃいます。
でも重要なのはわかっているはず。

みんな難しく考え過ぎかもしれません。

<コミュニケーション>って、「相手が話していることを良く聞き、しっかり理解する」ことと、「自分が考えていることをちゃんと整理して、適切に説明する」ことであって、面白いことを話す人や話上手な人=コミュニケーションが上手な人ではないのでは。。。

あまり深く考えずに、どんどん周りの人と<コミュニケーション>をとってみましょう。

会社関係・友人関係・恋人関係・家族関係・・・何か変わるかもしれません。

DSCN2733-1.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sweep.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58

About

2008年01月26日 10:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<公演までの道のり>VOL.2」です。

次の投稿は「<公演までの道のり>VOL.4」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。